格安SIMへの移行に伴う、SIMフリーiPhoneの機種変更時の注意点

格安SIMへの移行に伴い、SIMフリーのiPhoneへの機種変を行う人が増えてきていますが、注意すべき点がいくつかあったので記録しておきたいと思います。

Apple IDの移行

キャリアメールのアドレスを、Apple IDとして利用している方は多いと思いますが、格安SIM移行に伴い、メールアドレスが変更或いは廃止になってしまうので、キャリアメールのメールアドレスを使っている方は、事前にApple IDを新しいものに移行しておく必要があります。尚、Apple IDとして使うメールアドレスは、GmailやYahoo!メールなど、キャリアが変わっても使い続けられるものがオススメです。
古いIDのままバックアップ取ってしまって、新しい端末に復元しようとしたりすると色々と不都合がありそうです。

新しいSIMへの切替日時に注意

MNPによる格安SIMへの移行時には、ある特定の日時帯に旧SIMから新SIMへの移行が行われます。その時間になると、古いiPhoneに刺さっているSIMが使えなくなってしまうので、予め、新SIM及び端末も持参しておくとか、外出時には注意が必要です。そうしないと、突然通信できなくなってパニックになるかも知れません。

WiFiがないと初期設定で苦労する

格安SIMはiPhoneに刺しただけでは、通信できるようにはなりません。専用のプロファイル設定が必要になるためです。プロファイル設定するためには、Safariを使ってプロファイルをダウンロード・インストールする必要があります。プロファイルのインストールの方法は、各サービスによって異なります。
上記の通り、インターネットへ接続できていないと、プロファイルのダウンロードができませんので、自宅や職場等にWiFi環境が必要になります。コンビニの公衆WiFiを使うのもありです。

LINEの引継ぎ

今年の2月あたりから、LINEの引継ぎ方法が変わっています。移行前に手順を確認しておく必要があります。

 

この中でやはり致命的なのはネットワーク環境が使えなくなることです。

家にWiFi環境がない方などは特に注意してください。

 

端末代の割引があっても、MVNO(格安SIM)の方が費用だけ考えればお得

携帯キャリアで端末を買うと、24ヶ月間端末代が割引になって、得しているような印象を受ける人が多いみたいです。

本当に得しているのか、本日(2016年4月14日)時点の料金プランで、比較してみました。

MVNOの方は初期コストも入れています。

iPhone SEへ機種変する場合のモデルです。MVNOの方は、WEBのApple Storeからの購入になりますが、24回払いにした場合は、月2,900円程度(金利0%)になりますので、トータルの端末価格は変わりません。

キャプチャ※上記は概算です。

結論から言うと、端末代を入れたとしても、MVNOの方が圧倒的に安いです。

2年利用で、7万円程度の差が出てきます。

仮に、家族5人だと、35万円になりますね。

 

MVNOはデメリットを気にされる方も多いです。

確かに出始めの当初はサポートが受けられない、全てを自分で設定しなければならないという事がありました。

 

最近では、環境も変わってきており、イオンモバイルなどですと、お近くのイオンでサポートを受けられるようにもなってきましたし、設定もアプリでできたりと、便利なサービスを提供している会社も増えてきました。

更に、イオンモバイルですと、2年縛りみたいなものもありません。

 

LINEやSNSなど、パケット中心利用の人は、MVNOへの乗り換えをお薦めします。

周りにこの手の話に強い人がいれば、相談してみてください。

困ったときに相談できる人がいると、安心して移行できるかと思います。

 

こちらもご覧下さい。

 

hi-hoからBIGLOBEに移行しました

hi-hoからBIGLOBEにSIMを引っ越ししました。


契約したプランは、ライトSプラン。
理由は下記です。

  • 複数SIM利用可能
  • 直近3日間の利用状況に応じた速度制限なし
  • WiFiスポットの利用が可能

※上記はいずれもライトSプランか12ギガプランでないと適用されません。

移行したときの手順も記載しておきます。

  1. hi-hoに電話して、MNPしたい旨伝える
  2. MNP予約番号が3営業日くらいに通知される(hi-hoのメールアドレス宛に)
    マイページからも確認可能
  3. 予約番号が発行されたら、早急にBIGLOBEで申し込み(WEB)
  4. BIGLOBE SIMが届く
  5. 届いた1日後くらいに、BIGLOBE SIMが利用可能になる

 

 

LINEにアルバムをアップしたら、画像が回転してしまう

この手のトラブル解決法は、調べると色々出てきます。

大抵は、写真編集アプリなどを使って、画像を回転させて、保存するというものになります。

ただ、僕の場合は、LINEにアルバムを作って、そこにまとめて写真をアップするケースが多いので、一括で回転させたいのです。

ちなみに回転してくれない原因は、LINEがEXIFを解釈してくれない事になります。

今回紹介する方法は下記の環境に限定されます。

(環境)
・Windows
LINEのPC版を利用

(解決したい内容)
・EXIF情報があるにも関わらず、画像が回転しないままLINEにアップされてしまう

(方法)
1、以下のフリーソフトをインストールする
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xnview/

2、画像の入ったフォルダを選択

3、フォルダ内の全画像を選択(Ctrl+A)
変換対象でないものはスキップされるので、縦・横画像両方選んでしまってOK

4、メニュー>ツール>ロスレスJPEG変換>EXIFの方向値による回転
※画像が多いとここでしばらく待たされる。無応答になるが、我慢する。200ファイルで1分くらい

5、変換された元ファイル(自動回転してくれない縦画像のファイル)は、同じフォルダ内に XXX.xnbak.jpg というファイル名で保存されるので、検索してまとめて削除

6、変換後のファイルをLINEへアップロード

以上。

 

久しぶりにWunderlist(Todo管理)を試してみる

Microsoftに買収されてからしばらく経ったWunderlist

wunderlist_android_apk_app

今はToDo管理には、Todoistを使っているような状況ではありますが、変化などあると思うので試してみます。

以下、僕が気になった点についてのメモです。現在利用中のTodoistの比較となってしまう部分もありますが、ご容赦を。

  • Mac版デスクトップアプリがある
  • Chrome拡張機能によって、Webページ(URL)をタスク化できる
  • Microsoft製アプリとの親和性や連携については未だみたい
  • 予定変更がTodoistほど簡単にはできない
  • (重要)完了日からの繰り返しができない
  • 見た目は綺麗、使いたい気持ちにさせる。リストも見やすい
  • ノートの機能が無料で使える(Todoistは有料)
  • 共有タスクに対しては、チャットのようなコメント機能がある

Wunderlist

といった感じでした。

まだMicrosoftに買収された恩恵も受けられず、個人的に重要な「完了日からの繰り返し」に対応していない点で、Todoistからの乗り換えはできないという結論です。

完了日からの繰り返しとは、例えば、週に一回程度爪を切るみたいなタスクを設定したときに、たまたま二日忘れてしまう事があると思います。そんな時、爪を切った日から7日後に繰り返しタスクとするみたいな設定ができないということです。

このような完了日起点のタスクが多い方は、TodoistやToodledoを使う事をお薦めします。(現時点では)

タスク管理が上手いか上手くないかで、生産性は大きく変わってきますし、極端な話人生を左右し兼ねないので、自分のスタイルに合った最適なツールに出会えると良いなと常に思っています。

 

定年退職した父へdTVターミナルをセットアップ

最近、定年退職した父が家でよく映画などを観て、定年後の生活を満喫しているようなのです。

しかし、基本的には、TVでやっている映画やドラマなどを録画してCMをスキップしながら観ている感じでした。

うちの父は、未だにガラケーしか使えないような状況なので、スマホやパソコン経由の動画サービスなどは恐らく使う事ができないでしょう。

そこで、TVのリモコンのように簡単に操作できて、好きな動画や映画を選んで観られるような環境を提供すべく、dTVターミナルの導入に踏み切ることにしました。

これであれば、実家に帰ったときに、一通りのセットアップを終えておけば、リモコン操作のみで映画や動画視聴が完結するはずです。

さらに、dTVであれば、月額540円なので、無理なく視聴し続けることもできるでしょう。

早速Amazonで購入して、実家に送っておきました。

今週末にでも帰ってセットアップしたいと思っています。

喜んでもらえるよいいなぁ。

 

ちなみに、今、dTVターミナルを買うとお得なキャンペーンがやっているようです。

 

今、スター・ウォーズを観るならdTVが良さげ(見放題は2016/1/10まで)

スター・ウォーズの新作が公開されて、今までのシリーズを全作復習がてら観ようと思い立ちました。

そこで、DVDなどを借りるでも良かったのですが、返しに行くのも手間ですし、そもそも今の時期だと皆考える事が同じなので、借りられない可能性が高いと思い、映画配信サービスを使うことにしました。

今回、色々調べたところ、一番安価にスター・ウォーズ全作を観られるもはdTVっぽい事が分かりました。

スター・ウォーズ特集|dTV|未体験のドキドキに出会える、動画・映像配信サービス

元々月額¥500ですし、最初の一ヶ月は無料ですし、全作観るだけで元取れます。

尚、iTunesなどでレンタルする場合は、一作あたり¥430程度掛かります。

 

ちなみに、dTVはドコモ回線を契約していないユーザでも加入できます。

↑これ、意外と知らない人が多いです。

また、TVで映画をHD画質で観るために、Chromecastなどの導入をお勧めします。

Androidスマホ+dTVアプリ+Chromecast で快適な環境になります。

Google Chromecast

Google Chromecast
価格:4,536円(税込、送料込)

 

余談ですが、AmazonがFire TVをリリースしたせいか、ChromecastはAmazonでは買えなくなってしまっているようです。

 

5枚刃 ラムダッシュに変更

詳細なレビューは他のサイトを参考にしてください。

僕の電気シェーバーの歴史は、ラムダッシュ、ブラウンで、またラムダッシュに戻りました。

今回買ったのは、下記です。

下記は限定モデル。

 

何でラムダッシュに戻ったかというと簡単な話で、ラムダッシュ→ブラウンに変えたときの深剃り性能が、ブラウンは劣っているなぁと感じたためです。

ここは、人によって好き嫌いが分かれそうですが、ブラウンの場合は、肌に優しい点を謳っているだけのことはあって、剃っていてヒリヒリすような事はほとんどありませんでした。

しかし、ラムダッシュの場合は、ブラウンよりは深剃りできるけれど、ヒリヒリする事もあるという感じです。

あくまでも僕の場合はですが。

シェイバーの自動洗浄については、ブラウンの方が気に入っていますが、自分はより深剃りしたいので、ラムダッシュを再度選択しました。

以前のラムダッシュも三枚刃だったので、五枚刃の威力には大変満足しています。

 

尚、以前使っていたブラウンは下記です。

 

WithingsからIFTTT経由でFitbitへ体重記録

僕は、体重管理は、Withingsを使っていて、活動量計にはFitbitを使っています。

サービスによって特長があるので、1つに絞り込めない状況かと思います。

 

※こちらの体重計は、自動でWiFi経由で体重をクラウドに記録してくれます。それを後からスマホアプリなどで確認できます。

 

とはいえ、アプリなどで自分データを確認するときは、それぞれのアプリを開いて確認するというのは色々面倒だったりします。

このように、Fitbitのアプリでは体重が自動で表示できないのですが、IFTTTというサービスを使えば、これを自動化できます。

witings_fitbit

 

IFTTTについての詳細は今回は省きます。

上記の様な形で、Withingsからfitbitへ体重データを渡すことが可能です。

 

 

 

 

ガラケーユーザはガラスマに移行するか?

ちょっと前まで、日本ではガラケーが主流でした。

その上でのビジネスも回っていて、それなりに日本だけ見れば成立していました。

が、黒船とも言われるiPhoneやらAndroidの台頭により、ビジネスの主導権がAppleやGoogleなどに移り、スマホが主流になっていきました。

GoogleやAppleでゲームを買ったりアイテム課金するとそのうちの30%が手数料として彼らの懐に入ります。

ひと昔前は、その役割をドコモやKDDIがやってました。その時の手数料率は10%前後と聞いています。比較するとGoogleやAppleは3倍近い手数料を取っているということになります。

こうなるとガラケーの上でビジネスを行っていた人達は大分辛いです。

まず、スマホ対応、それもAndroidとiOSへの対応が必要になります。さらに、アプリ化も必要かも知れません。その上で課金したとしても30%も持っていかれる。

結果、ビジネスとして成立しなくなってしまったサービスも多数あります。

 

話は変わって、最近、ガラスマというガラケー型のスマートフォンが出始めています。

筐体の見た目は、ガラケーと同じで、操作感もより近づけようとしているものと思います。

ただ、この上で従来型のビジネスが成立するかというとそれは難しいと考えています。

既にガラケーでお金を使っていたユーザは、iPhone(スマホ)に移行していると考えられるからです。

ガラケーの上で、デコメコンテンツを買っていたユーザ層は、LINEのスタンプを買う層と想定できます。ゲームも同様かと思います。

 

 

日本ではiPhoneが主流です。

これは世界的に見ても日本だけの傾向で、過去ガラケーと言われていたものが、iPhoneに置き換わったと言えるのではないかと思います。