端末代の割引があっても、MVNO(格安SIM)の方が費用だけ考えればお得

携帯キャリアで端末を買うと、24ヶ月間端末代が割引になって、得しているような印象を受ける人が多いみたいです。

本当に得しているのか、本日(2016年4月14日)時点の料金プランで、比較してみました。

MVNOの方は初期コストも入れています。

iPhone SEへ機種変する場合のモデルです。MVNOの方は、WEBのApple Storeからの購入になりますが、24回払いにした場合は、月2,900円程度(金利0%)になりますので、トータルの端末価格は変わりません。

キャプチャ※上記は概算です。

結論から言うと、端末代を入れたとしても、MVNOの方が圧倒的に安いです。

2年利用で、7万円程度の差が出てきます。

仮に、家族5人だと、35万円になりますね。

 

MVNOはデメリットを気にされる方も多いです。

確かに出始めの当初はサポートが受けられない、全てを自分で設定しなければならないという事がありました。

 

最近では、環境も変わってきており、イオンモバイルなどですと、お近くのイオンでサポートを受けられるようにもなってきましたし、設定もアプリでできたりと、便利なサービスを提供している会社も増えてきました。

更に、イオンモバイルですと、2年縛りみたいなものもありません。

 

LINEやSNSなど、パケット中心利用の人は、MVNOへの乗り換えをお薦めします。

周りにこの手の話に強い人がいれば、相談してみてください。

困ったときに相談できる人がいると、安心して移行できるかと思います。

 

こちらもご覧下さい。

 

hi-hoからBIGLOBEに移行しました

hi-hoからBIGLOBEにSIMを引っ越ししました。


契約したプランは、ライトSプラン。
理由は下記です。

  • 複数SIM利用可能
  • 直近3日間の利用状況に応じた速度制限なし
  • WiFiスポットの利用が可能

※上記はいずれもライトSプランか12ギガプランでないと適用されません。

移行したときの手順も記載しておきます。

  1. hi-hoに電話して、MNPしたい旨伝える
  2. MNP予約番号が3営業日くらいに通知される(hi-hoのメールアドレス宛に)
    マイページからも確認可能
  3. 予約番号が発行されたら、早急にBIGLOBEで申し込み(WEB)
  4. BIGLOBE SIMが届く
  5. 届いた1日後くらいに、BIGLOBE SIMが利用可能になる