iTunesのバックアップで復元できたデータ達

iPhone6の調子が悪く、修理に出そうと思いまして、昔に使っていたiPhone5Sへ一時的にデータを移行して使う事にしました。

こうすることで、修理、或いは交換前に、大事なデータが確実に移行できているか確認できるので、データの消失も防げる効果があります。

iPhoneのバックアップの手段は、iCloudを使うとか色々とあるのですが、データ容量サイズの問題もあったりと複雑なので、iTunesのバックアップを使う事にします。

(バックアップ方法の記事はこちらを。多少、iTunesのバージョンが古いかも知れません。)

今回は、バックアップデータの復元により、復活できたデータをメモがてら記載しておきます。

他にもあるのですが、取り急ぎ、気づいたものから。(適宜更新予定)

復活したもの

  • Amazon Photo
  • Between
  • Eight
  • Flipboard
  • Foursquare
  • Ingress
  • LINE
  • Sakenote
  • Tamecco
  • Walkr
  • WordPress
  • カメラロール
  • キャンディクラッシュ
  • キャンディクラッシュ・ソーダ
  • パズドラ
  • ラブライブ!
  • ランブルシティ

 

復活しなかったもの

  • Apple Watch
    ペアリングし直し(当然か)
  • Dropbox
    再度ログインが必要
  • Kindle
    再度ログインが必要
  • OneDrive
    再度ログインが必要
  • TV SideView
    機器設定をやり直さないとならない。nasneにアクセスできなくなる。
  • ヨドバシ
    再度ログインが必要

 

iPhoneの修理ってApple Store以外でも可能

iPhoneが壊れた・・・。

こんなとき、修理はドコモショップなどでは対応してもらえず、結局銀座のApple Storeに行かねばという感じでした。

ネットでもできますが、手間と時間が掛かります。

 

そもそも、これだけ日本でiPhoneが流行っているのにも関わらず、修理できる場所がApple Storeだけのはずはない!と思い、調べてみました。

すると、普通にありました。自分が知らなかっただけで。

Apple StoreとApple正規サービスプロバイダ
https://locate.apple.com/jp/ja/

 

ちなみに、先日仕事が終わってから津田沼のパルコにあるSMART AIDへ行ってみたのですが、18時の時点で、既に受け付け終了してました。

 

大変混雑するので、予約ができるところであれば、電話等で予約してから行くのが良いかと思います。

1〜2時間待たされることは普通にあるようです。

 

尚、自分は、結局、Genius Barを予約しました・・・。

水曜日に予約しようとして、次週の火曜日以降しか取れませんでした。

週末狙いなら早めの予約をお勧めします。

 

U-NEXTでPC/TVでしか閲覧できないコンテンツがあった

以前、U-NEXTをTVで観る方法として、Chromecastなどを紹介したのですが、一部のコンテンツは、PC or 対応TVでないと閲覧できないものがありました。

そういうものは、PCからのHDMIケーブル接続か、U-NEXT対応TVを使うしかありません。

 

スマホ対応していないために、事前にダウンロードしてストレス無く見るみたいなこともできません。

基本的に、ストリーミング配信になるので、環境が大きく影響します。

というのは、自宅に引いている回線の早さとか、時間帯の影響によって、頻繁に動画コンテンツがbufferingに入ったりという事態が起きます。

 

自分がよく遭遇するのは、21時〜24時くらいの間に、ストリーミングでドラマなどを見ようとすると、5〜10秒毎に「Buffering・・・」状態になって一時停止を繰り返し、閲覧に耐えられない状況に陥るというものです。

 

推測するに、配信サーバ側に負荷が掛かっていて、配信に遅延が発生しているのでは無いかと考えています。

実際、パケットを監視してみたら、サーバから応答が返ってこなくなり、Buffering状態になったりしていました。

 

他の動画サービスも同じようなものなのかも知れませんが、課金コンテンツでも普通にこのような事態が起きるというのはいかがなものかと思います。

結局、これら混む時間帯を避けて、コンテンツを見ているので、寝不足になりそうです。

(深夜なら快適です)

 

今見ているドラマが見終わったら、一旦解約しようかと思っています。

 

アップル、新型のガラケーも同時にリリースか?? – iPhone Mania

世界の国々の間でも、日本はiPhoneのシェアが高いことで有名ですが、相変わらず、いわゆるガラケーを使っているユーザーも数多くいます。筆者の回りにも画面が割れてしまったiPhoneを解約し、二つ折りのガラケーに替え、iPad Air2のセルラーモデルと2台持ちしている人がいます。   確かに最近はメ

情報源: アップル、新型のガラケーも同時にリリースか?? – iPhone Mania

 

これは、「ガラケー」ではないですね。

折り畳みスマホでしょう。

そもそも、アップルが作った時点で、ガラホとも呼べなそうだし、呼ばせなそう。

 

 

 

尚、僕個人的なガラケーの定義は、

「僕の父でも使える」

です。

 

ガラホでも良いのでは?という話も聞こえてきそうですが、サービスが変わってしまっています。

旧来のiモードサイトなどの課金などが利用できません。

 

もしうちの父がガラホに変えたら、課金してスポーツニュースなど見ていたので、

「ケータイを新しくしたら見られなくなったぞ!」

と言ってきそうです(苦笑)

 

 

Windows10でWindows Media Center がサポートされなくなるので代替策を検討中

ニッチなニーズです。

最近のPCには、HDMI出力端子などが標準搭載されていることが多いのですが、TVなどとHDMIで繋ぐ事で、TVでニコニコ動画やYouTubeなどを閲覧することも可能になります。

自分の場合は、PCに録りためた動画などを再生するために、Windows Media Centerとリモコンによって、家電のような使い勝手を実現させていました。

リモコンはこんなの↓

まあ、この時点で、このようなユースケースで使っている人はほとんどいないかも知れません。

DLNAとかもあるじゃん!みたいなツッコミもありそうですが、ネットワーク越しの動画再生などに比べると、やはりPC直結の方が動きも機敏で使い勝手も良いのです。

 

今回、Windows10から、このMedia Centerがサポートされなくなるというか、使えなくなるということで、アップデートすると今の利便性を損なう事になってしまいます。

 

となると、アップデートを止めてWindows7のまま使い続けるか、代替策を講じるかしかなくなりました。

 

代替策については、以下の方法があるようです。

  • メディアプレーヤー機能を搭載したNASなどを使う
  • Windows Media Center相当の事が可能なアプリを使う

LANやWiFiを経由でストリーミング再生する手段については、今回の代替策対象外です。

 

前者については、下記の様なNASが良いかなと思いました。

かなり高機能で、このNAS単体で動画再生なども可能です。

ちょっと高いので、自分が買うとしたらこちらかな。

Buffaloやアイオーデータも似たようなものを出しているんですが、最近あまり力を入れている感じが無いので。

 

後者については、

Kodi

というアプリくらいしか見つけられませんでした。

こちらであれば、Windows Media Center用のリモコンを使って操作もできます。

ただ、僕のPCだと不安定で、強制終了が多発してしまったので、ちょっと厳しそうです。

 

ということで、まずは、上記の

プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT

を買うことにします。

使ってて気になる事があればまたレポートします。

 

2016.5.23 追記

プリンストンのデジ像は新しいものが出荷されています。

 

Evernoteの課金を止めた(2015年7月)

今年7月をもって、Evernoteの課金を止めました。

あまり容量を使い切れていなかったのと、OneNoteへ一部の用途を移行したのが大きな要因です。

また、Evernoteは、全てのノートを同期してしまうため、僕のMacbook air の限られたSSDストレージを食ってしまって、結局Evernoteアプリは削除しました。

同期するノートブックが選べないのは厳しいです。

この仕様、辛いつかは対応されるはずと期待していたのですが、辛抱できませんでした。

画像の中の文字列検索など、Evernoteならではの機能もかなりあるのですが、如何せん自分のユースケースにほとんど当てはまらずで・・・。

 

最近はチャット機能とかもついて、もう何のアプリだったかよく分からなくなってしまいました。

結果、それぞれのアプリの役割が、カオスになってきたので、一旦EvernoteはRead onlyにします。

Dropboxの課金は止めてOneDriveへ(2015年4月)

長く使っていたDropboxからの移行を行うことになりました。

以下理由などです。

  • OneDriveの容量が実質無制限になった
  • Office 365 Soloの年間利用料と、Dropboxの年間利用料、両方を払うのは辛い
  • OneDriveのデスクトップ同期アプリなどが充実してきた
  • MicrosoftのサービスがiOSやMacをもサポートするようになった
  • Office 365 Soloは、Officeアプリも2台までインストール可能

上記より、Microsoftのサービスの方が、色々とお得なので、Office 365 Soloの契約に伴い移行。

Dropboxの運用は、無料で使える10GB以下の運用へ。

残した理由は、IFTTTの連携サービスのいくつかが、Dropboxを経由しなければならないため。

【カレンダー】Sunrise Calendar(iOS/Android/Mac/Web)

カレンダーアプリは、Googleカレンダーなどで十分という話もあるのですが、個人的には下記を薦めています。

iOS版

Android版

上記動画はAndroid版です。

 

特長としては、扱えるサービスアカウントが多いと言うことがあります。

例えば、Evernote、Facebook、Foursquare、Todoist、Twitterなどとも連携可能になります。

タスク管理サービス(Todoist)と連携すれば、今日のタスク一覧がDailyのスケジュール上に出てきたりします。

 

様々なサービスと連携できますが、それらの外部サービスを使っていないとそこまでの恩恵は受けられないかも知れません。

 

僕は、「個人スケジュールまとめアプリ」みたいな位置づけで捉えています。

WEB版やデスクトップアプリ(mac)版もあるので、デスクトップPC上での活用も可能です。

 

スケジュールやタスクを複数のアプリを切り替えて確認するのはスマートとは言えないので、このような統合できるアプリを利用することで時間の節約にもなります。

Sunriseでサッと確認して、細かく操作しないといけないときは専用アプリで、という使い方が良いかと思います。