Amazonビデオをテレビで観る方法

以前、AmazonビデオをスマホからTVに映して観る場合という内容を書きました。

AmazonビデオをChromecast経由で再生できない状況は変わっていませんが、以下のような手段でも再生できる事が分かりました。

Amazonビデオ対応TVで再生する

SonyやPanasonicなど、一部のTVでは、Amazonビデオの再生用アプリが予めインストールされています。

ゲーム機(PS3、PS4、WiiU)で再生する

PS3やPS4、WiiUでは、Amazonビデオアプリをインストールすることで、閲覧が可能になります。

 

尚、対応デバイスの詳細については、こちらを参照してください。詳しく掲載されています。

 

ちなみに僕は、今はPS3を使っています。

PS3であっても、HDMI連動機能を使っていれば、TVのリモコンで操作可能で、これが意外と便利です。

わざわざ、ビデオを再生するために、コントローラーを手元に置かなければならないのは面倒なので。

余談ですが、PS3は、下記のようなデバイスを追加する事で、TV番組録画も可能になりますので、HDDレコーダーなどの購入を考えている方は参考にしてください。

 

AmazonビデオをスマホからTVに映して観る場合

2016年10月現在、Amazonビデオは、Chromecastに対応できていないようです。

そのため、スマホからTVに映して観るような事がAndroidではできません。

一方、AppleのAirPlayには対応できているので、iPhoneなどのiOSデバイスからは、転送することができます。

ただ、その場合、Apple TV等が必要になってしまうのですが。

Amazonビデオを手っ取り早くTVで観ようと思ったら、下記の様なデバイスを購入するのが良いと思います。

LINEにアルバムをアップしたら、画像が回転してしまう

この手のトラブル解決法は、調べると色々出てきます。

大抵は、写真編集アプリなどを使って、画像を回転させて、保存するというものになります。

ただ、僕の場合は、LINEにアルバムを作って、そこにまとめて写真をアップするケースが多いので、一括で回転させたいのです。

ちなみに回転してくれない原因は、LINEがEXIFを解釈してくれない事になります。

今回紹介する方法は下記の環境に限定されます。

(環境)
・Windows
LINEのPC版を利用

(解決したい内容)
・EXIF情報があるにも関わらず、画像が回転しないままLINEにアップされてしまう

(方法)
1、以下のフリーソフトをインストールする
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xnview/

2、画像の入ったフォルダを選択

3、フォルダ内の全画像を選択(Ctrl+A)
変換対象でないものはスキップされるので、縦・横画像両方選んでしまってOK

4、メニュー>ツール>ロスレスJPEG変換>EXIFの方向値による回転
※画像が多いとここでしばらく待たされる。無応答になるが、我慢する。200ファイルで1分くらい

5、変換された元ファイル(自動回転してくれない縦画像のファイル)は、同じフォルダ内に XXX.xnbak.jpg というファイル名で保存されるので、検索してまとめて削除

6、変換後のファイルをLINEへアップロード

以上。

 

iTunesのバックアップで復元できたデータ達

iPhone6の調子が悪く、修理に出そうと思いまして、昔に使っていたiPhone5Sへ一時的にデータを移行して使う事にしました。

こうすることで、修理、或いは交換前に、大事なデータが確実に移行できているか確認できるので、データの消失も防げる効果があります。

iPhoneのバックアップの手段は、iCloudを使うとか色々とあるのですが、データ容量サイズの問題もあったりと複雑なので、iTunesのバックアップを使う事にします。

(バックアップ方法の記事はこちらを。多少、iTunesのバージョンが古いかも知れません。)

今回は、バックアップデータの復元により、復活できたデータをメモがてら記載しておきます。

他にもあるのですが、取り急ぎ、気づいたものから。(適宜更新予定)

復活したもの

  • Amazon Photo
  • Between
  • Eight
  • Flipboard
  • Foursquare
  • Ingress
  • LINE
  • Sakenote
  • Tamecco
  • Walkr
  • WordPress
  • カメラロール
  • キャンディクラッシュ
  • キャンディクラッシュ・ソーダ
  • パズドラ
  • ラブライブ!
  • ランブルシティ

 

復活しなかったもの

  • Apple Watch
    ペアリングし直し(当然か)
  • Dropbox
    再度ログインが必要
  • Kindle
    再度ログインが必要
  • OneDrive
    再度ログインが必要
  • TV SideView
    機器設定をやり直さないとならない。nasneにアクセスできなくなる。
  • ヨドバシ
    再度ログインが必要

 

Excelの表をコピペでGmailに貼り付ける方法

Excelの表ってGmailのメール本文中に貼り付けて送ることができます。
方法は簡単で、
「Internet Explorerでメール作成をすれば良い」
のです。
IEでGmailのメール作成画面を開き、コピー&ペーストで、表を貼り付けることができます。
普段、ChromeやFireFoxを使っていると気づかないのですが。
ちょっとした表などであれば、メール本文に貼り付けてしまう方が便利です。
ファイル添付して、それを開く手間も省けますし。
Android標準のGmailアプリでもちゃんと表示されました。

 

プリンターって自宅に不要

年賀状でも印刷しよう、と思って買ったプリンターですが、ほとんど使っていないことが判明しました。

少なくともここ半年は使っていない。

こうなるとただの邪魔な箱になってしまって、処分も考えているのであります。

ちょっと前までは、「いや、急に印刷しなければならない事態が起こりうる」と思って、リスク対策的に維持してきたのですが、今はもう、コンビニで印刷できてしまうんです。

コンビニ別の使い方は下記になります。

 

ファミマ、サークルKサンクス、ローソン
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/top.aspx

 

セブンイレブン
http://www.printing.ne.jp/

 

先日使ったときは、1プリント20円しました。この価格だけ見ると高い感じしますが、プリンターは1台2万円位しますから、1,000枚はいける計算になりますね。

あまりプリンター使う事無いなーという人は参考にしてください。

 

 

HDMI 連携時の問題 REGZA YAMAHA

とても古い機種の話なので、ほとんどの人にとって無意味な情報です。

自分の備忘録として書いておきます。

 

先日、TVとAVシステムのHDMI連携(TV電源入れると、AVシステムも電源入るような動作のこと)が上手くいかなくなってしまい、色々試していました。

その内容です。

ちなみにTVはREGZA Z9000シリーズ、AVシステムは、YAMAHAのYSP-4100です。

  1. TV 優先スピーカー AVシステムスピーカー→TV内蔵スピーカー
  2. TV AVシステム連携 使う→使わない
  3. TV 光音声ケーブルを抜く
  4. TV HDMIケーブルを全部抜く
  5. TV 主電源をOFFにする
  6. AVシステム HDMIケーブルを抜く
  7. AVシステム 電源をOFF
  8. TV AVシステム HDMIケーブルを繋ぐ
  9. TV 電源ON
    このとき、AVシステムとは連携しないので、電源は入らない。
  10. TV AVシステム連携 使わない→使う
  11. TV 優先スピーカー TV内蔵スピーカー→AVシステムスピーカー
    ここで、AVシステムの電源が入るはず

 

Android で撮った写真をiPhoneのギャラリー(写真)に簡単に入れる方法

以下に当てはまる方向けです。

  • iOS端末(iPhone/iPad)、Androidの2台(以上)持ち
  • iOSとAndroid間で簡単に写真を受け渡ししたい方
    例えば、LINEはiPhoneだけど、写真はAndroidで撮る方など。

 

DropboxとかGoogle+使えば良いじゃんって声も聞こえてきそうですが、それよりも手間を掛けず解決したいのが主旨です。

例えば、Androidで撮影した写真をDropboxを介してiPhoneのLINEアプリへ渡すケースについて下記に書きます。

  1. [Android] Android端末で写真を撮影
  2. [Android] Dropboxに自動アップロードされる
  3. [iPhone] 自動で写真アプリには入らないので、Dropboxアプリを起動する
  4. [iPhone] Dropboxアプリで写真を選択し、画面左下の送るボタンを押下
    2014-11-11_14_54_31
  5. [iPhone] 別のアプリで開く
    2014-11-11_14_54_40
  6. [iPhone] エクスポート中・・・ 時間が掛かる
    2014-11-11_14_54_45
  7. [iPhone] LINEで開く
    2014-11-11_14_56_25

 

大体、こんな感じです。

他のアプリを介する写真(データ)のやりとりは基本的にこのような手続きが必要になります。

 

今回の記事では、2〜6をSkipできる手段について書きます。

  1. [Android、iPhone] IFTTTをインストール
  2. [iPhone] iCloudを使った写真同期を有効に
    設定方法はこちらが参考になります。 → http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/16/iCloud/
  3. IFTTTにて下記のレシピを有効にする
    https://ifttt.com/recipes/188318-android-photos-to-icloud-photostream
  4. [Android] 写真を撮る → IFTTTが作動
  5. [iPhone] IFTTTを介して自動で写真が同期される
    Androidで撮った写真がそのまま「写真」アプリに格納されます。
    アルバム名は「IFTTT」です。

上記設定を行う事で、Android端末で写真を撮れば何もしなくてもiPhoneにも反映されるようになります。

 

U-NEXTをU-NEXT非対応のテレビで見る方法

U-NEXTの動画サービスをTVで観る方法です。

TVで観る方法としては、下記があります。

  1. U-NEXT TVを使う
  2. U-NEXT対応TVを使う
  3. パソコンとTVをHDMIで繋いで、映像・音声をTVへ(HDMI出力のあるパソコンが必要になります)
  4. Androidスマホ + Chromecast を使う
  5. iPhone + Apple TV(Air Play) を使う

詳細は、再生可能デバイス(公式)。

U-NEXT TVApple TVは\9,800(税抜き)。

Chromecastは\4,200(税抜き)なので、お持ちのデバイスに合わせて準備が必要になります。

個人的には、リモコンを使ったりパソコンを使った操作は面倒なので、スマホ+AppleTV/Chromecastがオススメです。

 

ちなみに、僕は、3,4,5の構成を試しましたが、4に落ち着いています。

3は、パソコンを操作して再生を止めたりするのが面倒だからです。

5は、再生アプリがバックグラウンドに回ったときに、iPhoneだと再生が止まってしまう場合があるためです。