顔に怪我をしたときに、傷跡を残さないため、暫くは紫外線を避けなければならない時に使うと良いもの

8月の初旬に、派手に転倒しまして、顔に6針縫う怪我をしました。

傷自体は、塞がっていて、完治に向かっているのですが、その間に気をつけなければならないこととして、「紫外線を防ぐ」という事があるらしいです。

これ、私も知らなかったのですが、体質によっては傷跡が残ってしまう人がいるらしいです。

先生曰く、日本人の30%がケロイド体質だとか。

 

そもそも自分はもう歳なので、紫外線を防いだところで傷跡は残ってしまう可能性がありますが、やるべき事はやっておこうと言う事で、色々調べていました。

帽子を被るというのもその一つではありましたが、スーツで出社するときなどは、さすがに帽子を被る訳にもいかずでした。

ということで、「貼れる」ものがないか探したところ、下記が良さそうだったので紹介しておきます。

薄いフィルムみたいなもので、近づいて見ないと貼っているか分からないくらいのものです。

化粧もできるらしいです。

また、レーザーでシミ取りなどした後にも活用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です