Dropboxの課金は止めてOneDriveへ(2015年4月)

長く使っていたDropboxからの移行を行うことになりました。

以下理由などです。

  • OneDriveの容量が実質無制限になった
  • Office 365 Soloの年間利用料と、Dropboxの年間利用料、両方を払うのは辛い
  • OneDriveのデスクトップ同期アプリなどが充実してきた
  • MicrosoftのサービスがiOSやMacをもサポートするようになった
  • Office 365 Soloは、Officeアプリも2台までインストール可能

上記より、Microsoftのサービスの方が、色々とお得なので、Office 365 Soloの契約に伴い移行。

Dropboxの運用は、無料で使える10GB以下の運用へ。

残した理由は、IFTTTの連携サービスのいくつかが、Dropboxを経由しなければならないため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です