ユーザー囲い込み戦略のハンパない時代遅れ感 | 最適ケータイライフ | 北俊一 | 毎日新聞「経済プレミア」

 「2年縛り」に関する総務省のタスクフォース(TF)の検討結果が16日公表され、新聞やウェブメディアに「2年縛り」に関する記事が一斉に掲載された。タスクフォース構成員の立場から、改めて検討結果をお伝えする。

情報源: ユーザー囲い込み戦略のハンパない時代遅れ感 | 最適ケータイライフ | 北俊一 | 毎日新聞「経済プレミア」

 

 

2年縛りとかが無いサービスはそれだけで価値が高い感じになってますね。

自由である事により、精神的ストレスが、大分軽減されます。

 

縛らないとビジネスとして成立しないのですかね。

色々計算してみると、違約金払ってでもMVNOに乗り換えた方が安いケースもありますし。

 

これだけユーザのニーズが多様化してきている状況ですと、単に横並びで2年縛り!とかやるより、細かくプラン設定できるとか、ユーザ目線に立ったサービスを仕立てて欲しいですね。

 

上手く表現できないのですが、契約重視になってしまっている気がします。

新規加入者数、みたいな指標が重要になってしまっているからですかね。

それは数字をただ追っているだけの取り組みなので、真の意味での顧客満足は追求できていないでしょうね。

 

実際は、どっちも重要なのですが、最近は数字重視が目立ちます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です